夢見る乙女 – 天下統一恋の乱・伊達政宗 12日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

天下統一恋の乱・伊達政宗 12日目

この記事は約2分で読めます。

政宗様12日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


伊達政宗*12日目(メール有)
 
【選んだ選択肢】
 ・どうか、ご無事で
 ・信じています
 
*=====================*
 
家康様の力って凄っっ!!!
不利だった状況が五分五分になったッスvvv
そしていよいよ東北の未来を決める大事な戦が始まり、戦況は予想以上に長引き、こう着状態に入り消耗戦に…。
すると政宗様がこれ以上の消耗戦を避けるために氏郷に一騎打ちを申込み、そして一騎打ちが始まると2人の力は五分五分で、斬り合いは長引いたものの、政宗様の刀が閃き、氏郷の刀が宙を舞い、そして体制を崩し落馬した氏郷の喉元に政宗様の刀が突きつけられて…でも止めは刺さずに「…消えろ」って刀をしまい氏郷に背を向けようとする政宗様。
すると卑怯な氏郷は近くに落ちてた刀を拾い政宗様の乗った馬の脚を斬りつけ、その隙に「伊達政宗!私を逃逃がしたことを後悔する日が必ず来る。必ずな!」って捨てゼリフと共に荒野の彼方へ駆け抜けて行き…。
総大将の氏郷がいなくなったことによりすぐに勝利となり、それから間もなくして政宗様が東北の大名全てを味方につけることに成功し、反伊達連合は消滅vvvわぁい♪
そして主人公が城に戻り、その日の夕刻には政宗様も無事に戻ってきてくれて…。
しかーし、そんな平和も長くは続かないよーで、ラストで運命を左右するという文が…(T^T)
なななっ…何が届いたとですかー!!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました