夢見る乙女 – 天下統一恋の乱・真田幸村 17日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

天下統一恋の乱・真田幸村 17日目

この記事は約2分で読めます。

幸村様17日目です。
 
本日最終日です。
結果は無事にハピエンでしたvvvvv
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


真田幸村*17日目(スチル2枚有・メール2通有)
 
【選んだ選択肢】
  選択肢なし
 
*=====================*
 
東軍に包囲されたまま一夜が過ぎ、目を覚ますと側には幸村様も眠ってて…すると馬のいななきが聞こえ、外を覗くと家康様の姿が…。
目を覚ました幸村様は家康様を見下ろすと、自分が今すべきことをすると、手加減はしないという家康様。
幸村様の「また俺にやられて泣くようなことにならないといいがな」って言葉に言い返そうとした家康様…けどそこへ政宗様が現れ家康様を諌めると東軍の軍勢の中へと消えていき…。
さすがの幸村様も政宗様までいると篭城作戦も時間の問題だと、珍しく弱気な言葉を口にし、そして目を覚まし始めた侍達に東軍は昨日とは違うから気を引き締めるように言い、そして1刻ほど過ぎ東軍の攻撃が始まると、東軍の動きは昨日とは打って変わってまとまりのある動きをしていて、前日と同じ幸村様の攻撃は通用せず、更に挑発に乗ってしまった一部の侍が幸村様の制止も聞かずに陣地を離れてしまい城門を破られ大阪城の守りは次々に破られ城のあちこちから火災が起きてしまい…。
城の状態の報告に来た佐助と才蔵が言うには落城は時間の問題だと言い、そして東軍から大筒の弾を放たれ、大きな柱が主人公めがけて倒れてきて、けどその瞬間幸村様が主人公を突き飛ばし、幸村様の片足が柱の下敷きに…(>_<;)!! 佐助と才蔵が柱を動かし幸村様を助けると、そこへ政宗様が来て、怪我をした幸村様と一騎打ちに…。 けど、このまま戦ったら幸村様は負けると思った主人公、幸村様の前に立ちふさがり、2人からどけと言われても引かない主人公。 すると、泣き叫ぶ女の前で怪我人とは戦えないと、政宗様が刀を収め、そして幸村様にもし生き延びたいと思うなら逃げ道を用意してやると言い、場所を告げ去って行く政宗様。 …ところが逃げるのは嫌だと頑なに拒否する幸村様…けど、話を聞いてた三成様があなたはここを出るべきだと、幸村様はこれからの世でも必ず必要とされる人だと言い、そして非常用に作らせておいたという脱出口に幸村様達を落とし、時間を稼ぐから急いで脱出するようにと言うと天井を閉めて…。 才蔵が幸村様を肩に担ぎ、下ろせと怒る幸村様には一切答えずにそのまま城外へ抜け、そして燃える大阪城を暫く眺め、政宗様に言われた場所行くと政宗様が待ってて、安全な場所に向かうことに…。 途中野宿する事になり、夕食の準備をしてると幸村様の姿がなく、川に呼びに行くと「俺初めて逃げたんだ…マジで怖かった…俺、ホントに死ぬと思った」と言う幸村様。 後ろから抱きつき、そんなことない、幸村様はかっこ悪くないって言うと、幸村様が振り向き、そして唇が重なり、そして「お前がなんと言ってくれようと、俺は大事な所で逃げた臆病者だ、それでもよければ、ずっと俺の側にいてくれねぇか?」って言われ、幸村様の側にあると答える主人公。 すると小さくボソッと「愛してる」って言ってくれて…(*^-^*)   伊賀の隠れ里に来てから暫く経ち、元気の無かった幸村様も最近ようやく笑顔が戻り、佐助に誘われて猟へ出かける幸村様。 すると才蔵から幸村様が生きる希望を持ったのは主人公が側に居るからだと言ってくれて…するとそこへ政宗様が来て、でも誰か連れがいるみたいで、暫く待たせてもらうと言い腰を下ろす政宗様。 一刻ほど過ぎ幸村様達が戻り、そして政宗様と途中ではぐれてしまった、馬に引っ張られるように現れた(笑)家康様…。 すると政宗様が、この場所に幸村様達を匿い、脱出作戦を企てたのも家康で、幸村様が大好きだからしたことだって言い、情けをかけたわけじゃないという家康様vvv そして幸村様に、主人公のことはどうするつもりなのかと聞く家康様。 すると幸村様から「…俺に男のケジメを付けさせてくれ、俺と一緒になってくれ、お前が…●●のことが大好きなんだよ、寝ても覚めても●●の事ばっか考えちまうこの気持ちは一生変わらねぇ。絶対だ!」って言われ、それを受けると幸村様の腕の中に飛び込む主人公。 すると佐助と才蔵も喜んでくれて、祝いをしなきゃって言う家康様と政宗様。 すると家康様、佐助と才蔵に馬の背に積んでる荷物を降ろすように指示し、中を開けると今まで見たこともないようなきらびやかな女物の着物で、主人公が着る花嫁衣裳だよって準備良いッスねvvv そして花嫁衣裳に着替え、頭領のお屋敷の大広間に行くと、隠れ里の人達や皆が笑っていて、正装姿の政宗様が出迎えてくれて、主人公のかんざしに気付き、これは宝物だと答えると、俺の宝物はお前だって言い主人公に口づけをする幸村様vvv おぉおぉおー…幸村様とも無事にハピエンを迎える事ができましたvvv 西軍につくはずの幸村様とはどんな結末に…とか思ってたけど、よかったッスvvv

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました