夢見る乙女 – 恋人はミュージシャン(ウェディング編)・花咲雅楽 4日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

恋人はミュージシャン(ウェディング編)・花咲雅楽 4日目

この記事は約3分で読めます。

雅楽のウェディング編(続編)、4日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


花咲雅楽*4日目
 
【選んだ選択肢】
 ・やってみなきゃわからない
 ・言い返す
 
*=====================*
 
現れた男性は市村隆介という事務所所属のプロデューサーで、矢内さんと肩を並べるほどの名プロデューサーだけど、社長からは、暫くこの市村さんにプロデュースを任せると告げられて…。
うぁー…やっぱりのプロデューサー交代ですか…。
しかも、これは市村さんの希望で、矢内さんは既に了承済み…。
櫂が社長にいつまでかと聞くと、来月予定のミニライブとその後のアルバム制作までは市村さんが担当になるとのことで、龍が今回のプロデューサー変更は新曲のせいかと聞くと、龍がそう思うのならそれが理由でいいんじゃないか?って答える社長…。
この先、この世界で長く生きて行くとなれば、その間に変化が訪れるのは当然のことで、その変化の1回が市村の投入だと思ってくれればいいと言う社長。
そして、暫く黙って聞いていた市川さんが「随分と躾のなってないアーティストだな。私は矢内さんとは違う。アーティストの自主性に任せるなどと、生温い事は言わない。アーティストを管理し、その器にあった作品に仕上げる…それがプロデューサーの仕事だ」と言い、一緒に仕事するのはライブ練習からで、いかなる場合も指示に従ってもらうって言われて…。
 
話が終わった後、「なんなんだよアイツ!誰があんなヒゲの言いなりになんかなるか!」って激怒する雅楽…他のメンバーも納得はしていない様子で、サトやんが社長の説明に補足すると…。
新曲が出た後、社長と矢内さんとサトやんの3人で話し合い、今のトロイメライは変化を望んでる時期なんじゃないかと…今回の新曲は良くも悪くも今までとは違った曲だと矢内さんが指摘したけど、それでもメンバーは良しと判断して曲を出した…。
それは、無意識にでも『これまでと違う何かがしたい』という思いがあったのではないかと…いう事で、この機会に違う環境に置き、新しいものを見つけてくれたら…という事になり、それが市村さんの投入なのだと説明してくれて…。
その後、「俺とあの人は似てる」と言う瑠禾…んー…内面的な部分が確かに似てそうだ…けど雅楽は見た目の事だと思って、瑠禾に単純って言われてるしwww
 
そして、ライブの練習初日…スタジオに行くと、既に市村さんが居て、練習は正午開始で、今は11時半…。
けど、まだメンバーが誰も気いないことを知ると「ランキング4位の人間がそんな悠長な段取りを組んでいるとは…話にならないな」と言われて…、主人公が反論すると、聞いてた印象とは違うと…。
その印象とは…「トロイメライのボーカルは主体性がなく消極的…メンタルが弱く、ボーカルには不向き」だと…でも、目上への態度がふさわしくないが面白いといわれて…。
次に来た雅楽には、音楽以前に常識を学べと言う市村さん…あぁー…雅楽と睨み合いになってますよ…。
なんかこの市村さん、そのうち雅楽と主人公の仲にまで口出ししてきそうだ…。
主人公のボーカル降板の可能性とか言い出してきたりとかさ…。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました