夢見る乙女 – 天下統一恋の乱・片倉小十郎 2日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

天下統一恋の乱・片倉小十郎 2日目

この記事は約2分で読めます。

小十郎2日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


片倉小十郎*2日目(スチル有)
 
【選んだ選択肢】
 ・私は首を振った
 ・小十郎さんの隣
 
*=====================*
 
翌日…大会が中止になったのなら米沢にいる理由も無いし、尾張に帰るべきだよね…って考えてても、政宗様、小十郎の顔がよぎってしまう主人公…。
すると、秀吉くんが今日帰るからって声かけてくれて、主人公はどうするんだ?って、主人公さえ良ければ面倒見るよって言ってくれて…vvv
 
秀吉君に、帰る前に小十郎と2人きりで話がしたい…と言われて小十郎を探してると、庭で兵士に稽古をつけてる小十郎の姿が…。
主人公に気付いた小十郎に秀吉君からの伝言を伝えて、一緒に秀吉くんの部屋に行き、主人公が部屋を出ようとしたらここにいて欲しいと言われ、主人公も同居する事に…。
秀吉くんの話と言うのは、小十郎に秀吉君の直家臣にならないか?…というもので…(やっぱり!!)
でも、「このお話はお断りさせていただきます。我が主は今もこの先も伊達政宗様以外にはございません」って、キッパリ断る小十郎…。
ん…こじゅは今の話を政宗様に報告するまでも無い…って言ってますが…本当に言わなくていいんだろーか???
 
そして、秀吉君が帰る時刻になり、政宗様と小十郎も見送りに出てきて、去って行く秀吉君を見送り、ふと政宗様を見ると、何かを考えているようなうわの空で…。
 
数日後…政宗様の様子が明らかに違ってて、心配で小十郎に聞いてみると、小十郎には心当たりがあるみたいで…。
政宗様は東北にも焼き物産業を根付かせたいと考えてるが、忙しくて時間がなくて…って教えてくれて、それを聞いて、政宗様の茶器を見てみたかった…と言う主人公。
主人公は尾張に帰る覚悟を決めていて、それを察してくれた小十郎は寂しそうに微笑んでくれて…。
その夜、政宗様にも帰るって報告し、お礼を言う主人公…。
そして小十郎は政宗様に、東北に焼き物文化を根付かせるための調査に派遣して欲しいと願い出ると、無理はするなと言いながらも許してくれて、ついでに主人公を尾張に送り届けるように命じる政宗様。
 
そして旅立ちの日…政宗様達に見送られて米沢城をあとにする主人公…。
あぁー…なんか政宗様が…(T^T)
寂しそうというか…なんと言うか…。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました