夢見る乙女 – 天下統一恋の乱・森蘭丸 7日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

天下統一恋の乱・森蘭丸 7日目

この記事は約1分で読めます。

蘭丸くん7日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


森蘭丸*7日目
 
【選んだ選択肢】
 ・そんなの嫌です
 ・何も言えない
 
*=====================*
 
深夜に本能寺に着き、まずは信長様を探すことに…。
すると、信長様はまだ無事で、信長様が襲撃されるとの密告があったと伝える蘭丸くん…。
部屋に入り信長様にここにいる理由を聞くと、光秀に呼ばれたからで、お付きの家来も多くは連れてきてないと言う信長様の言葉に嫌な予感がする主人公…。
すると外で不審な音がし、敵襲…しかも物凄い数の火縄銃を持った敵に囲まれてる状態で、火まで放たれ逃げ場が無い状態に…。
弓で反撃しようとした信長様まで撃たれ怪我してしまい、あとは焼け死ぬか討ち死にかのどちらかだと言う信長様…。
自分が出て行けば蘭丸くんと主人公だけは助かるかも…と、2人だけで逃げろと自決する覚悟の信長様だけど、家臣だから最期まで側を離れない…運命を共にする…と蘭丸くん。
するとそこへ畳の下から五右衛門登場♪
矢文の主は五右衛門で、借りを返しに来たって、助けに来てくれましたvvv
秘密の抜け道を通り、地下道を抜けた先は森の中で、本能寺は燃え、五右衛門に黒幕を聞く信長様…。
するとそれは明智光秀の仕業で証拠もあると答える五右衛門…。
そして信長様達は安土へ…。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました