夢見る乙女 – 天下統一恋の乱・霧隠才蔵 4日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

天下統一恋の乱・霧隠才蔵 4日目

この記事は約2分で読めます。

才蔵4日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


霧隠才蔵*4日目(スチル有)
 
【選んだ選択肢】
 ・止める
 ・どうぞ
 
*=====================*
 
伊賀の里へと辿り着いた主人公達。
空き家になってる家に意識の戻らない才蔵を運び込み、才蔵の看病をする主人公。
すると才蔵が「それはできません…たんば様…」って寝言を言い…。
 
翌朝、主人公が目を覚ますと才蔵の意識は戻ってて、立ち上がろうとしたけど苦痛に顔を歪め、再び布団の中へ…。
そして主人公は梅一さんと洗濯しに小川へ…。
そこで昨夜の寝言の話をすると、たんば様というのは、才蔵の師匠の百地丹波さんのことで、身寄りのない才蔵を引き取り一流の忍者に仕込んだ人だが、百地丹波の専門分野は暗殺だったと聞き…。
家に戻ると縁側に才蔵が居て、寝てるだけでは体が鈍るから…と、そこから庭の木に向かって手裏剣を投げて刺す才蔵。
師匠の百地丹波の話を聞いたって話し、才蔵も人を殺した事があるのか?と聞くと、数え切れないほど人を殺めた…自分の考えなど無く、ただ師匠から指示されるままに殺していたのだと。
そしてある日、師匠から暗殺を命じられた人物が幸村様で、でも殺す事ができずに逆に助けられ、それから自分の命を幸村様に預けようと思ったのだと話してくれて…。
師匠とはそれ以来会わなかったが、織田信長の命を狙い返り討ちにあい討ち死にしたんだとか…。
すると才蔵に手を握られ、そのまま抱きしめられて…。
 
んー…少しずつ語られる才蔵の過去ッスねvvv
ところで、幸村様と佐助は無事なんですかー?
それともやっぱり…Σ(T□T;)!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました