夢見る乙女 – 恋人は名探偵(続編)・クリス 9日目
【Boys Love NET】
 腐女子&腐男子の櫻井+友人のブログサイトです。
只今、薄桜鬼攻略記事の強化月間中です(笑)
★ アクセスランキング参加中です ★

  
貴女の1票が今後のやる気に繋がります♪よければポチッと1票お願いします(´・ω・`)
…ちなみに、来る度にそれぞれ1票ずつ入れてくれたら小躍りで喜びます(笑) ヽ(´ω`*)ノ

恋人は名探偵(続編)・クリス 9日目

この記事は約2分で読めます。

クリスくん続編、9日目です。
 
 
以降は、かなりネタバレしてる可能性が高いので、知りたくない方は注意を!!


クリス一条パーカー*9日目
 
【選んだ選択肢】
 ・持って行く
 ・クリスに向き直る
 
*=====================*
 
クリスがリオの母親・ヴィクトリアの亡くなった原因を話しても、それは嘘だと信じようとしない柳さん…。
そして2人はヴィクトリアの父が死なせたと誤解してるようで、クリスが父親が所有していたヴィクトリアの最後の手紙を出し、その手紙には、父親がヴィクトリアと柳さんの結婚を認めてくれた事が書いてあって…。
父親は貴族社会のつまはじきにされる事を覚悟して2人の仲を認めてくれたと、リオ達が受けたような迫害を一緒に受ける覚悟でいたのだと話し、そしてクリスもリオと同じ生い立ちだと、自分の事を話し始めるクリス。
でも柳さんはクリスは恵まれてたから自分達とは違うと言うと、周囲はクリスの祖父を恐れ、表立って苛めたりはしないが常にのけ者にされていたと、貴族の中だからこそ余計に孤独だったと話し、どれだけ冷たい仕打ちを受けてきたかは2人こそわかるだろうと言うクリス。
そして、だからこそそんな貴族を見返してやろうと、どんなにのけ者扱いされても自分がめげずに憎まない事で愛する両親が正しかった事を証明してやろうと思ったと、でもリオの気持ちは分かるが選択は肯定しないとクリスが言うと、リオに憎しみを教えたのは自分だと言う柳さん。
けど母を不幸にしたイギリス人を憎むのは当たり前だと言うリオ…。
すると主人公が、お母さんは不幸じゃなかったし自分の選択を後悔した事は無いはずだし柳さんの元に居られて幸せだと思ってたはずだと言い、そしてクリスに、一緒に居られたから幸せだと、だから一緒にいたせいで不幸になったなんて思って欲しくないって伝え、そして好きな人と一緒に居られるだけで幸せだと、ただもっと一緒に居たいし生きていたいから頑張ってるし、2人が憎くてここにいるわけじゃないと言うと、クリスがリオはイギリス人への憎しみだと言うがそれは形を変えた母への愛だと、その愛はそんな形で表現されるものなのか?と言うと、柳さんとリオが互いを見つめあい、そしてリオが自首することを決めて…。
 
おぉー…ついに事件解決へ…。
そして主人公は助かるッスか???
明日は…おそらくただのハピエンだろーなー…と。
選択肢迷いまくりで自信も無かったんで…(- -;)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました